Get Social

こんな魅力がある!マンションで生活するメリット

女性でも安心のセキュリティ性

マンションで暮らすメリットとして女性の方から多く挙げられるのが、セキュリティ性の高さなんですよ。ほとんどのマンション住宅はオートロックが付いている事やエントランスや駐輪場といった様々な箇所に防犯カメラが設置されています。不審者が入りにくい環境となっている事で女性の方でも安心して1人暮らしをする事が出来る事で高い人気があるんですよ。また、不安に感じる方の場合は、レディースマンションといった入居者が女性に限られている物件も多くあるので探してみると良いでしょう。

頑丈なだけじゃない!防音もしっかりしている

小さい子供がいるファミリー層の方はどうしても生活音が気になってしまいますよね。ワンパクな子供の場合、注意しても言う事を聞いてくれないといった事は多いと思います。マンションは鉄筋コンクリート構造となっている事でアパートと比較すると壁が分厚くなっているので思っているよりも音が響かないといった特徴があるんですよ。また、コンクリートは、耐震性や防火性が高くなっている事で災害に強いといった嬉しいメリットもあるんですよ。

マンションの多くは好立地

マンション住宅の多くは駅から徒歩10分以内とリッチの良い場所に建てられている事が多いですよね。ターミナル駅の近くの物件も多くあり駅から近い事で通勤や通学を快適にする事が出来るといったメリットがあります。また、マンションの周辺環境が整えられている事も多く、マンションの下に子供が遊ぶ事の出来る公園があったり、遅い時間まで営業しているスーパーがあったりと幅広い年代の方が快適に過ごす事の出来る環境となっているんですよ。

茨城県つくば市は、緑や自然が多くありますが住宅街も多いこともあり、つくばのマンションなら良い物件がたくさんあります。

ここは必ずチェック!!マンションの選び方3選!

住みたい場所の土地柄を確認しよう

マンションを借りる、もしくは購入するときに一番最初に確認をしなければならないことはその土地が自分の希望する条件に合うかどうかということです。昔から行くのを避ける場所というものは必ず存在しますので、よく分からない場合や初めての土地で分からない場合は不動産業者に聞いてみましょう。そうすればここはあまりお勧めできませんと言われることがたまにあります。その場合はその辺り以外を探したり不動産会社に良い物件を探してもらうという方法を取りましょう。

欲しい間取りを決めよう

次に考えることは間取りになるのではないでしょうか。荷物が入る大きさ、広さのマンションが欲しいと考えるのは誰でも同じことではないかと考えられますので最低でもどれぐらいの広さのものが欲しいのかをしっかりと把握しましょう。そうすることで探しやすくもなりますし家賃もある程度決めることが出来るようになります。また希望している土地に見学できる物件が無い場合は違う所を探すきっかけにもなりますので、自分が欲しい広さをしっかりと把握しましょう。

駅までどれぐらい必要なのかを知ろう

駅に近い物件を探す人は沢山いるかと考えられますが、最近の傾向では駅に近ければ近いほど広さが狭くなり家賃も上がってしまう傾向にあることが分かっています。もし少し駅から遠くても大丈夫なのでしたらバス停が近くにあるところでバスの本数が多いところを探すようにすれば通勤や通学にも不自由がなく快適な暮らしが出来るようになるのではないでしょうか。静かな場所を希望するのでしたらその方法も一つの手段として考えてみてください。

東京の世田谷区は、住宅街が多い街として知られており、世田谷のマンションは良質な物件がたくさんあります。

トラブルにならないためには!賃貸物件の退去時の問題

退去するときに問題となる

賃貸住宅というのは、基本的に人から借りている住宅ですよね。なので、いつかは持ち主に返さなければならないものです。賃貸住宅を持ち主、すなわち大家さんなどに返還する場合、どのような手続きが必要でしょうか。住宅とは人が住んでいればそれなりに汚れてしまったり、傷んでしまったりするものですよね。そうした部屋の汚れや痛みというのは、誰が直すのでしょうか?ここで賃借人と賃貸人との間にトラブルが発生するんですね。

部屋の修繕費用はどちらの負担?

賃貸住宅の退去時の部屋の修繕費用等のは誰が負担するべきなのでしょうか。確かに部屋を借りていて、実際に部屋を使用していたのは他ならぬ賃借人ですよね。しかしだからといって、賃借人がすべての修繕費用を負担しなければならないというのは少しおかしいのではないかという気もしますね。なぜならば、部屋を長く使っていれば、ある程度汚れたり傷付いてしまったるすることは仕様がないことであり、それは一種の不可抗力だからです。したがって、修繕費用というのは両者の相談のもとに負担を分けるべきなのです。

入居するときから気を付けておく

たとえば、日常的にタバコを吸っていたがために壁紙がヤニで黄ばんでしまったというような場合、これはどちらが修繕費用を負担するべきでしょうか?もちろん、個別にいろいろな事情があるでしょうが、この場合は入居者の負担になるというのが一般的でしょう。特にタバコについては、だいたい入居者の責任になってしまうようなので吸い過ぎに注意するようにしましょう。また、入居するときから付いていた傷などの請求をされることもあるので、入居した時から部屋の状態をチェックしておいた方が良いかもしれませんよ。

青山の賃貸マンションに暮らすことのメリットは駅から近い場所に建てられているので通勤や通学が便利になるとこにあります。

ページ:123